MENU

バイク個人売買のメリットとデメリット

最近では、いろいろなものが個人売買されていますが、ヤフオク等でバイクを個人売買する人が増えているのにはそれなりのメリットがあるからなんです。もちろん、メリットだけではなくデメリットもあるので、良く考えてから個人売買を利用したいものです。

個人売買のメリット

個人売買の最大のメリットは「価格」でしょう。
買取業者を入れれば当然、人件費等の中間マージンがかかってくるので個人売買での価格と比較するとバイクを売る場合は安く、買う場合は高くなってしまいます。しかし個人売買では、その中間マージンがない分、双方にメリットがあるのです。

個人売買のデメリット

デメリットとしては中間業者がいないことがデメリットです。
「ん?」と思うかもしれませんが、買取業者が間に入ればメンテナンスもするし、トラブルにならないような書面があって、署名・捺印なども行います。

 

バイクを個人売買で売るとなると落札者が名義変更などを責任を持ってやってくれるのか心配になりませんか?
落札者が名義変更せずにそのバイクで事故を起こした場合、あなたは管理者責任を問われる場合があるのです。
買取業者なら名義変更や廃車手続きなど必要なこともキッチリやってくれるので安心感が段違いです。
これは個人売買の大きなデメリットでしょう。

 

また個人売買ではヤフオクなどで詳細を書いていたにもかかわらず、クレームや返金しろ!などのトラブルがおこることもあります。
メンテナンスをせずに渡せば、すぐに故障する可能性もゼロではないし、業者とは違い保証もつけていません。
売り渡してすぐに調子が悪くなれば間違いなくクレームがくるでしょう。
個人売買では買う側だけではなく、売る側にも精神的負担となるのです。
また買い手にとってはローンを組んだり、クレジットカードが使えないのもデメリットになります。

バイクの引き渡しはどうするか?

個人売買ではバイクの引渡し方法に注意が必要です。
バイクの引き渡しの前には必ず廃車手続きをしておくべきです。そうすることで買い手があなたの名義のままバイクを乗り回す心配が無くなります。ヤフオクなどを利用する場合は詳細欄に「廃車手続き後に引渡します」と、注釈を入れておきましょう。

 

原付の場合は廃車手続きをしないと名義変更ができませんが、中型大型バイクでも「廃車後引渡し」にしておくだけで随分とトラブルを回避できます。

 

廃車手続きの方法は原付、軽二輪、小型二輪など、それぞれ少しずつ異なるので
こちらのページ「バイク・原付の廃車手続き方法【排気量別】」で確認して下さい。