MENU

排気量によって必要書類や手続きが異なります

買取や下取りなど、買取業者やバイクショップで売買する時の名義変更は相手がしてくれるのでこれといって面倒なことはありません。
しかし、オークションや個人売買、知人に譲るという場合には売り手か買い手のどちらかが名義変更をしなくてはいけません。

 

名義変更の手続き自体は難しくないのですが、書類が多いので必要な物をきちんと揃えるようにしてください。
また書類には期限があるものもあるので注意しましょう。

 

名義変更手続き 排気量125cc以下【原付(一種・二種)】の場合

排気量125cc以下の原付(一種・二種)の名義変更は、一旦、廃車にしてからでないとできません。
個人売買の場合は売り手が廃車手続きをして「廃車証明書」を買い手に渡す。
その後、買い手が管轄の役所で名義変更する流れが一般的です。
参考:原付の廃車方法はこちら

 

名義変更手続きは市区町村の役場で行います。
【必要書類など】
・廃車証明書(廃車時にもらえます)
・譲渡証明書(書式は管轄の役所に問い合わせてください)
・自賠責保険証(有効期限が残っている場合)
・軽自動車税申告書(役所で入手)
・標識交付申請書(役所で入手)
・石刷り(フレームナンバー部に紙やマスキングテープをあてて鉛筆でこすって転写させる)
・身分証
・印鑑(買い手の印鑑)

 

名義変更が終わると標識交付証明書とナンバープレートが貰えます。
ナンバープレートをバイクに取り付けて手続き完了です。

 

注意:自賠責保険が切れている場合は名義変更が済んでもバイクに乗ってはいけません。
再加入は、コンビニやバイクショップで手続きができます。

 

名義変更手続き 排気量126cc〜250cc以下【軽二輪車】の場合

軽二輪車の名義変更では廃車手続きは不要です。
手続きは買い手が住む管轄の陸運局で行います。管轄が変更になる場合、一旦、ナンバープレートを返納して新しいナンバープレートを購入(費用600円)します。

 

【必要書類など】
・譲渡証明書(書式は管轄の陸運局に問い合わせてください)
・自賠責保険証明書(期限切れのものは却下されます)
・軽自動車税申告書(陸運局で入手)
・軽自動車届出済証(ナンバー交付時に発行されます→売り手からもらってください)
・軽自動車届出済証記入申請書(陸運局で入手)
・住民票(発行から3ヶ月以内のもの)
・印鑑(売り手、買い手両方)
・ナンバープレート(管轄が変わる場合バイクからはずして持っていく)

 

必要書類を提出すると、軽自動車届済書が貰えます。
大切に保管しておきましょう。

 

名義変更手続き 排気量251cc〜【小型二輪車】の場合

排気量251cc〜の小型二輪車は、他のバイクと違い車検があるので関連書類が増えます。

 

軽二輪車と同じく廃車手続きは不要です。
手続きは買い手が住む管轄の陸運局で行います。管轄が変更になる場合、一旦、ナンバープレートを返納して新しいナンバープレートを購入(費用600円)します。

 

【必要なもの】
・譲渡証明書(書式は管轄の陸運局に問い合わせてください)
・委任状(売り手が手続きしない場合)
・車検証(売り手からもらってください)
・自賠責保険証明書(期限切れのものは却下されます)
・軽自動車税申請書(陸運局で入手)
・軽自動車納税証明書(売り手からもらってください)
・申請書書(OCRシート第1号様式)(陸運局で入手)
・手数料納付書(陸運局で入手)
・住民票(発行から3ヶ月以内のもの)
・印鑑(売り手、買い手両方)
・ナンバープレート(管轄が変わる場合バイクからはずして持っていく)

 

管轄を変更する場合、まずはナンバープレートを返納して手数料納付書にある返納確認欄へ押印してもらうかシールを貼ってもらってください。
後はそれを窓口に出すと軽自動車届済書が貰えるので大切に保管してください。